遍歴

バレエで履いている
トウシューズ

1代目
チャコット
ベロネーゼⅡ
c0023937_128779.jpg
初代ということもあり
店員さんにフィッティングしてもらい購入
最初は怖くて立てず
1年くらいもちました

2代目
シルビア
マイセシオン
消音効果もあり
ソウルも柔らかめ
バレエシューズの様

4代目
アビニオン
とっても履きやすいが、
ソウルが折れてしまう
(重すぎ?)
故に短命

5代目
メレル
リングトン
3/4シャンク
足の形に合わず、毎回親指と小指の皮が剥け
テーピングしてました

6代目
ギャンバ97
バンプが浅く甲に体重がかかり
2~3日痛みが続く

7代目
グリシコ
2007
ソウルが硬く
安定感あり
おろしたては、ドゥミが困難
湿度の高い時期は、バンプ部分がフニャフニャになる
足のトラブルなし
しばらくはこれでした

8代目(現在)
Rクラス
D
K子先生が履いていたので
買ってみました
グリシコ同様おろしたてはドゥミが困難
2007より硬い
形はアビニオンの様
割と安定感がある
[PR]
by love_wien | 2010-03-10 01:30 | レッスン